ニュース
» 2014年08月06日 12時06分 UPDATE

「ハイスコアガール」のゲーム描写にSNKプレイモアが「重大な違法行為」と抗議し刑事告訴 アニメどうなっちゃうんだろ

な、なんだってーっ!

[ねとらぼ]

 90年代のゲーム少年の青春を描いた押切蓮介さんの人気漫画「ハイスコアガール」に許諾なくキャラクターが複製使用されているとして、SNKプレイモアが出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴していたことが分かりました。

 SNKプレイモアは8月6日、刑事告訴に関する経緯を公式サイトに掲載。「当社の許諾を受けることなく、当社が著作権を有する多数のゲームプログラムのキャラクターを複製使用」したとして、スク・エニに「ハイスコアガール」の単行本や電子書籍、さらには月刊誌その他を含めて販売の「即時停止」を要求したと説明しています。また、スク・エニ側から「なんら誠意ある対応がなされませんでした」として、刑事告訴に踏み切ったとしています。

photo SNKプレイモアによる発表全文

 「ハイスコアガール」はアーケードゲームを通じて知り合った主人公とヒロインの青春ラブコメディで、実在するゲーム作品が作中に多数登場する漫画です。2012年の「ブロスコミックアワード」大賞や2013年の「このマンガがすごい!」オトコ編2位に輝くなどして注目され、アニメ化も発表されています。

 漫画に登場するゲーム作品には、SNKブランドの「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」なども含まれていました。単行本の巻末には「(C)」マークとともにSNKプレイモアの名が掲載されており、権利処理をしていたようにも見えるのですが、実際には許諾を受けていなかったようです。

 SNKプレイモアの発表からは「重大な違法行為を厳重抗議」「悪質な本件行為を看過するわけにはいかない」「断固たる措置を講じる」と強い口調がたびたび現れ、知財に対する厳格な姿勢が見てとれますが……ファンも多い「ハイスコアガール」、一体どうなってしまうのでしょうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー