ニュース
» 2014年08月08日 16時33分 UPDATE

トランスフォーマーっぽい? 自己組み立てできるロボットを米大学が開発

平面から立体へトランスフォーム。

[ねとらぼ]

 折り紙に着想を得た、自己組み立てできるロボットを、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学が開発しています。

ah_robo1.jpg

 両校が披露したロボットのプロトタイプは、平らな板のようなパーツにマイクロコントローラーとモーター、バッテリーがついているというもの。4つ足の立体的な形に変形して動きます。

 板のようなパーツは、柔軟性のある回路基板を紙と形状記憶ポリマーではさんでおり、ある特定の角度に曲がるようプログラムされたヒンジがついています。電気を流して熱が加わるとヒンジが曲がってあらかじめ決められた形になる仕組みです。ポリマーが冷えて固くなると、マイクロコントローラーがロボットに歩くよう指示を出すようになっています。現時点ではバッテリーを取り付けてから10秒後に動作するようになっていますが、気温や気圧など、センサーの測定データに従って動くようにもできるとのこと。

ah_robo2.jpg

 このロボットを作るのにかかるコストは1台100ドル。モーター、バッテリー、マイクロコントローラーを除けば20ドル。安く早くロボットを作れる可能性を示していると研究者らは述べています。将来的には、家の掃除やガス漏れの検知など、誰でもいつでもロボットにお手伝いしてもらえる設備を作るのが夢なのだそうです。

ah_robo3.jpg

 両校は以前からこのロボットの研究をしており、このほど科学誌「Science」でその成果を発表しています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー