ニュース
» 2014年08月11日 13時18分 UPDATE

「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」川崎で開催 「巨人の星」「天才バカボン」など上映

映像ホールでは未ビデオ化作品を含んだ39タイトルを上映します

[高城歩,ねとらぼ]

 「巨人の星」や最近では「弱虫ペダル」などを手掛けているトムス・エンタテインメントのアニメーション制作50周年を記念した企画展示「トムス・エンタテインメント アニメと歩んだ50年展」が川崎市市民ミュージアム(神奈川県川崎市)で8月9日から10月5日まで開催されます。

画像
画像

 杉並アニメーションミュージアムで今春開催された同名の記念展示をベースに、制作資料のボリュームアップや掲出物をリニューアルし、横幅8メートルにおよぶ作品年表やトムス・ライブラリーよりセレクトした作品紹介パネル、セル画をはじめとした貴重な制作資料や映像資料でトムスのアニメ制作50年間の歩みを紹介します。

 また、映像ホールでは1960年代の「ビッグX」から2000年代のテレビスペシャル「ルパン三世VS名探偵コナン」まで、幅広いファン層をターゲットとした39タイトルを上映します(有料/一部を除いてDVD上映)。ビデオ化されていない「珍豪ムチャ兵衛」、「おねがい!サミアどん」などレアな作品を含めて、TVシリーズ作品を年代別に編成した内容となっており、「巨人の星」「天才バカボン」「ガンバの冒険」「Bugってハニー」「愛してるぜベイベ★★」などを上映します。定員は270人(各回入れ替え制)。

 開催時間は午前9時30分から午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)。月曜日(祝日・国民の休日の場合は開館)、祝日・国民の休日の翌日(土・日の場合は開館)は閉館。チケットは一般が600円、大学生・高校生・65歳以上が500円となっています。アートギャラリー1での展示のみ入場無料です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう