新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年08月11日 20時52分 UPDATE

Photoshopを超えた!? 写真の中の車やイスを3D化してグリグリ動かせる魔法みたいな画像編集ツール登場 どういう仕組みだこれ……

ハハハそんな便利な技術があるわけ……あったああああああ!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

画像

 この画像、車がぐりんぐりん動いてますが、元は1枚の静止画像だったって言ったら信じられますか……?

 カーネギーメロン大学ロボット工学研究所が、二次元の画像を立体的に操作できる画像編集ツールを開発し話題になっています。従来のツール(Photoshopなど)でも、写真の中の物体を切り取って動かしたりすることはできましたが、このツールを使えば、物体そのものをつかんでグリグリと立体的に動かしたり、さらには写真に写っていないはずの“裏側”をひっくり返して見たりできるようになります。い、一体どういう仕組みなんだ……。



 実はこのツール、インターネット上に公開されている膨大な3Dモデルを参照し、写真の中にある物体を指定してあげると、それに近い形のものを拾って3D化してくれるという仕組み。色や光の当たり具合などは写真から自動で抽出・合成してくれるため、まるで写真の中の物が3D化されて動き出したように見えるというわけ。あとはぐるぐる回すなりコピーするなりお好きにどうぞ。バナナなど形に個体差があるものでも、その場で形を微調整することで写真そっくりに仕上げたりできるようです。

 「この技術を使えば、ユーザーはたった1枚の写真から芸術的な作品を作り出したり、ビンテージ写真の中の物を動かしたり、またアニメーションを作ったりすることさえできます」と動画では説明しています。まるで魔法みたいなこの技術、正式リリースが待ち遠しいですね。


画像 写真からテクスチャを作成し、ストック3Dモデルに合成

画像 空中でひっくり返る自動車。裏側まで自然!

画像 変形やコピー&ペーストも自由自在。もはやどれが本物か分からん……

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事