新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年08月21日 19時11分 UPDATE

歴史的なゲーム実況が爆誕 64の神ゲー「ゴールデンアイ 007」をジェームズ・ボンド本人が実際にプレイ

本人キター!

[ねとらぼ]

 1997年に発売されたNINTENDO64用ソフト「ゴールデンアイ 007」。全世界で約800万本売り上げ、家庭用FPSの最高峰として今なお語り継がれている人気作です。このたび米テレビ番組の企画で、5代目ジェームズ・ボンドこと俳優のピアース・ブロスナンさんが同ゲームをプレイし、話題になっています。YouTubeの公式チャンネルで当時の模様が公開されています。


 ブロスナンさんは、シリーズ17作目となる「007 ゴールデンアイ」でボンド役デビュー。当然、ゲーム版主人公のモデルでもあります。そんな張本人に実際にプレイさせることをやってのけたのが米NBCの長寿番組「ザ・トゥナイト・ショー」。

ゴールデンアイ 「本当に神ゲー」と力説するジミー・ファロンさん

ゴールデンアイ 「一緒にやりたいんですけど(チラッ」「いいよ」となりガッツポーズ

ゴールデンアイ NINTENDO64!!

ゴールデンアイ 大スクリーンでプレイ

 2014年から同番組のホストを務めているジミー・ファロンさんが、同ゲームの大ファンだと言い、パッケージを取り出してアツく思いを語りだします。そして一言「一緒にやりませんか?」。スタジオが大歓声に包まれる中、隣の大スクリーンの幕が開け、プレイスタート! ちなみに本作、対戦モードが尋常じゃなく盛り上がると評判です。

 大スター2人もやけにハイテンションなまま勝負に突入し、ワンアクションごとに“実況”しながら進めていきます。いざ、ゲーム内で遭遇すると「ハロー! ミスターボンド」「イッツ ミスターファロン!」と大声で挨拶を交わすなど絶好調でした。

 気になる結果は、やり込みの成果(精密射撃)を披露したファロンさんの勝利。なお、ブロスナンさんは21日(日本時間)、掲示板「Reddit」のAMAに降臨し、「彼との勝負は公正だった。いつか再試合することもあるだろう」「ゴールデンアイでの再戦はまずないが」などとコメントしていました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

  1. 踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
  2. 新垣結衣のNGシーンが人類を至福で包む 「逃げ恥」ダイジェスト&恋ダンスロングVer.が公開
  3. 「いつ乗車禁止になるの? 私は2年半戦ってる」―― バスの通路をふさぐ“迷惑おばさん”動画が話題に バス会社の対応は
  4. ちょっと男子ー キリン「SPECIAL STUDENT」の小学生あるあるが全部あんたたちのことじゃない
  5. 画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
  6. 完成度高けーなオイ! 実写版「銀魂」のビジュアルが解禁、銀髪の小栗旬に地味メガネな菅田将暉、チャイナ服の橋本環奈も
  7. 指があぁぁぁ! 実写版映画「銀魂」、小栗旬演じる銀さんのビジュアルにファン「オイィィィ!」
  8. 「ウチの猫の変な習性に気がついた」 手をニギニギすると頭をスポッとはめてくる猫ちゃんが圧倒的にかわいい
  9. mixiの「黒歴史日記を掘り返すキャンペーン」に過去のユーザー絶叫 「消してえええ!」「パスワード忘れた!」
  10. 「君の名は。」を酷評した漫画家・江川達也が炎上 同業の奥浩哉が「この人、なんのプロなんだろう…」と批判

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー