ニュース
» 2014年08月22日 19時03分 UPDATE

虫みたい!? 1000台のロボがぞろぞろ動いて“フラッシュモブ”

1000台のロボットがぞろぞろ〜っとヒトデや「K」の文字を形作ります。

[ねとらぼ]
ah_kirobo1.jpg (画像:Mike Rubenstein and Science/AAAS)

 多数の小さなロボットが動いて形を描いていく――米ハーバード大学が、1000台のロボットによる“フラッシュモブ”を実施したとして、動画を公開しています。

 これはアリのように群れをなして複雑な構造を作る生き物の性質をAIで再現しようという取り組みで、大きさ数センチの低コストでシンプルなロボット「Kilobot」を使っています。Kilobotは振動モーターで動き、反射赤外線で通信し合うことが可能。これをアルゴリズムで動かし、ヒトデや「K」の文字、レンチを描きます。

ah_kirobo2.jpg (画像:Mike Rubenstein and Science/AAAS)

 4台のKilobotを起点として置くと、ほかのロボットがヒトデなどの2D画像データを受信し、端から徐々に移動して形を作っていきます。起点からの距離や相対的位置をとらえつつ、正しい位置へと動きます。“渋滞”やコースから外れるなどのミスがあっても、近くのロボットが問題を感知して自分たちで修正するのだとか。

 これまではアルゴリズムの限界やロボットのコストといった制約で、100台を超えるロボットの群れを動かしたケースはあまりなく、1000台の規模は初だそうです。

ah_kirobo3.jpg (画像:Mike Rubenstein and Science/AAAS)

 動画ではロボットたちが3つの形を作っていく様子が見られます。1000台もあると、虫の群れのように見えますね。

 Kilobotのデザインやソフトは、非商業利用向けにオープンソースで公開されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー