ニュース
» 2014年08月25日 13時33分 UPDATE

25日午後から西日本で局地的な激しい雨 北海道では24日に50年に1度の大雨も観測

引き続き大雨に注意が必要です。

[ねとらぼ]

 8月25日午後から26日にかけて九州〜近畿地方は局地的に激しい雨が降る見込みだと、日本気象協会が発表しています。

画像 25日午後9時の予想天気図(Tenki.jpより)

 25日午後は、湿った空気によって局地的に雨雲が発達し、日本海にのびる前線に近い、九州北部や中国地方、近畿北中部を中心に急な激しい雨へ注意が必要とのことです。

 26日は前線が通過するタイミングで雨脚が強まり、九州は未明から朝、中国・四国は日中、近畿は午後を中心に激しい雨が降るところがあると予想されています。長く続く雨ではありませんが、数時間で道路が川のようになるほどの雨が降る可能性があるとし、自治体からの情報に注意するよう呼びかけています。

 また、24日には北海道で局地的に雨雲が発達し、利尻富士町と礼文町で50年に1度の記録的な大雨となるところもありました(礼文町では48時間降水量が200ミリ近くに到達)。25日は天候が回復へ向かいますが、しばらくは斜面や増水した川に近づかないようにと同協会は注意しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう