新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年08月26日 13時55分 UPDATE

東京国立博物館が野外シネマに初挑戦 上映作品はアニメ「時をかける少女」

東京国立博物館本館前に巨大スクリーンを設置し、細田守監督の「時をかける少女」を上映する。

[ねとらぼ]

 劇場版アニメ「時をかける少女」の野外上映会が、10月10日と11日に東京国立博物館で開催される。時間は午後7時から。

ah_toki1.jpg 時をかける少女 (c)「時をかける少女」製作委員会2006

 同館初の試みとなる「博物館で野外シネマ」のプログラムで、当日は上野公園内の東京国立博物館本館前に巨大スクリーンを設置する。料金は無料(ただし当日の入館料が必要)。事前申込不要で、参加人数も無制限。雨天時は平成館大講堂(先着380人)で行う。

ah_toki2.jpg 「時をかける少女」作中画像(博物館展示室) (c)「時をかける少女」製作委員会2006
ah_toki3.jpg 「時をかける少女」作中画像(博物館執務室) (c)「時をかける少女」製作委員会2006

 アニメ「時をかける少女」は、細田守監督の名を世に知らしめた人気作。作中には、主人公のおばが勤めているという設定で、東京国立博物館が随所に登場する。

ah_toki4.jpg 「博物館で野外シネマ」イメージイラスト (c)shunshun
ah_toki5.jpg 東京国立博物館 本館(夜間開館時)

 10月10日には、上映開始前に渡邊隆史さん(角川書店プロデューサー)、齋藤優一郎さん(スタジオ地図プロデューサー)、松嶋雅人さん(東京国立博物館特別展室長)が登壇し、制作の舞台裏や同館取材時の苦労話などを明かすスペシャルトークショーも予定されている。また、「博物館で野外シネマ」上映日は午後10時までの特別夜間開館を実施。映画鑑賞後にも展示室を観覧できる。

「博物館で野外シネマ」

日時:10月10日、11日 午後7時〜(1時間40分程度)

上映作:細田守監督「時をかける少女」(2006年、KADOKAWA)

会場:東京国立博物館(上野公園内)本館前(人数制限無し)※雨天時は平成館大講堂(先着380人)

企画協力:キノ・イグルー

料金:無料 ※ただし当日の入館料(一般620円、大学生410円)が必要。70歳以上、高校生以下およびキャンパスメンバーズ加入校の学生は無料

参加方法:事前申込不要

夜間開館:当日は午後10時まで特別夜間開館(入館は閉館の30分前まで)

「『時をかける少女』制作秘話スペシャルトークショー」

日時:10月10日 午後6時半〜(30分程度)

出演:渡邊 隆史氏(角川書店プロデューサー)、齋藤 優一郎氏(スタジオ地図プロデューサー)、松嶋 雅人(東京国立博物館特別展室長)

会場:東京国立博物館 本館前(人数制限無し)※雨天時は平成館大講堂(先着380人)

料金:無料(ただし当日の入館料が必要)

参加方法:事前申込不要


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事