ニュース
» 2014年09月02日 14時48分 UPDATE

経産省、サービス事業者の経営改革に「おもてなし経営企業」を募集

サービス事業者が目指すビジネスモデルの一つとして推奨。

[太田智美,ねとらぼ]

 経済産業省は9月1日、「おもてなし経営企業選」の募集を開始した。この取り組みは、付加価値の高いサービスを提供している企業の経営事例を発掘し公表することで、「おもてなし経営」を普及させるというもの。地域・顧客に根付いたおもてなし経営が広まることで、価格競争ではない顧客のニーズに合致したサービスを継続的に提供できるようになるだろうと考え実施される。

画像

 経済産業省では「おもてなし経営」を、「(1)社員の意欲と能力を最大限に引き出し、(2)地域・社会との関わりを大切にしながら、(3)顧客に対して高付加価値・差別化サービスを提供する経営」とし、サービス事業者が目指すビジネスモデルの一つとして推奨している。

 応募期間は、2014年9月1日から10月24日まで(詳細はこちら)。その後、書類選考(11月)、経営者ヒアリング(12〜1月)、企業訪問(2月)、選考委員会などを経て、他の事業者の経営改革のヒントとなるような経営事例を約30社選出する。

 なお、経済産業省では「おもてなし経営」を普及させるため、全国各地で「おもてなし経営推進フォーラム」も開催している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう