新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月08日 14時55分 UPDATE

殺人鬼「切り裂きジャック」の正体、DNA鑑定で判明?

専門家からは疑問の声も。

[ねとらぼ]

 1888年にイギリスのロンドンで発生した未解決の連続猟奇殺人事件の犯人「切り裂きジャック」の正体を、DNA鑑定で突き止めたと主張する人物が現れて話題になっている

ah_jack2.png 多数のメディアで報じられている

 その人物は「安楽椅子探偵」を自認するイギリスの企業家ラッセル・エドワーズ(Russell Edwards)さん。9月9日に発売する書籍「Naming Jack the Ripper」で、ポーランド出身のアーロン・コスミンスキ(Aaron Kosminski)が切り裂きジャックだと主張している。コスミンスキは当時6人いた主要な容疑者の1人だった。

ah_jack1.jpg Naming Jack the Ripper

 エドワーズさんは、事件の遺留品とされるショールを2007年にオークションで入手しており、このショールについた体液について、コスミンスキの子孫の協力を得て専門家にDNA鑑定を依頼した。その結果、DNAが子孫のものと一致したという。

 一方で、専門家からは疑いの声も上がっている。問題のショールはこれまでに多数の人が触れているため、DNAサンプルの信頼度が低いと指摘されている。

 切り裂きジャックの正体についてはさまざまな説があり、今なおリッパロロジスト(切り裂きジャック研究家)の間では議論がある。先には推理小説「検屍官」シリーズで知られる作家のパトリシア・コーンウェルさんが、画家のウォルター・シッカート(Walter Sickert)を真犯人とする推理を披露している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー