ニュース
» 2014年09月10日 20時38分 UPDATE

JR北海道、新型特急車両の開発中止

安全対策と新幹線を優先するため。

[ねとらぼ]

 JR北海道は9月10日、試作車の落成を控えていた次世代新型特急車両の開発を中止すると発表した。

 「安全対策」と「新幹線の開業準備」にコストを優先的に投入する必要に迫られての判断。多くの新技術が採用され高性能な仕様となった新型特急車両だったが、285系特急気動車として試作車を3両製作されるだけとなった。試作車は今後、軌道や電気設備を検査する在来線用総合検測車として使用される。

 開発中止に伴い、老朽化した特急気動車の更新については、既存の261系気動車の製作を継続していくことになる。

JR北海道 新型特急車両試作車のイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう