ニュース
» 2014年09月11日 09時13分 UPDATE

大気が広く不安定 局地的大雨に警戒を

10月並みの寒気が上空に居座り、北・東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になります。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 北海道の石狩・空知・胆振地方で大雨特別警報が発表されましたが、昨日から宮城や東京、大阪で記録的短時間大雨情報が発表されるなど大気の不安定な状態が続いています。今日も空模様の急変にご注意下さい。

ah_ame1.jpg けさ8時の東日本周辺の雨雲

北・東日本中心に不安定 天気の急変に要注意

 10月並みの寒気が上空にデンと居座り、北・東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になります。短い時間で雨雲やカミナリ雲が発達し、局地的な大雨となるおそれがあります。スマホをお持ちの方はレーダー(こちらより)でこまめに雨雲の動きをチェックするようにしましょう。また、外の様子の変化でも突然の雷雨を予測することができます。黒い雲が近づき急に空が暗くなる、ヒヤッとした冷たい風が吹く、大粒の雨やひょうが降りだすなど……雷雨の前触れを示すサインです。これらの現象を感じたら、すぐに安全の確保に努めましょう。

ah_ame2.jpg

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう