新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月11日 17時19分 UPDATE

「マーニー」米林監督「カオナシのモデル説」を否定 “禁断の初共演”で明かされた「千と千尋」の謎

「ジブリの立体建造物展」10万人突破セレモニーが開催され、トトロとカオナシの着ぐるみが登場!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 7月10日から12月14日まで江戸東京たてもの園(東京都小金井市)で開催中の展覧会「ジブリの立体建造物展」が、9月11日をもって来場者数10万人を突破した。会場で開かれた記念セレモニーでは、「思い出のマーニー」などを手がけた米林宏昌監督が、トトロとカオナシの着ぐるみと一緒に登壇。限定200人に向けてサイン会も行った。

画像 米林宏昌監督と記念すべき10万人目の来場者となった2人、お祝いに駆けつけたトトロ&カオナシ

 「ジブリの立体建造物展」は、スタジオジブリ作品の立体建造物に焦点を当てた展覧会。「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」までスタジオジブリ作品に登場する建造物の制作資料を展示している。「千と千尋の神隠し」に登場する油屋を再現した約3メートルの模型や、各背景画・設定画、建築史家・藤森照信さんによる細部にこだわった建物の解説など、ジブリ作品の新たな魅力を見つける視点が注目を集めた(リポート記事)。

画像画像 会場「江戸東京たてもの園」(左)、ジブリの立体建造物展入り口(右)

 記念セレモニーで展示について米林監督は、「ラピュタやナウシカなど古い作品は何度も何度もぼくらの世代は観ているわけです。その背景画が展示されている。さらには建物からどういう世界観ができているか細かく解説されていて、こういう世界観を作る宮崎さんってどういう頭の構造しているんだろうってあらためて思いましたね」と、宮崎駿監督の舞台設計の力量にうなる。

画像

 また同展ではジブリ作品の美術ボードが数々と展示されている。米林監督は「思い出のマーニー」にて実写映画で有名な美術監督・種田陽平さんを起用したことから、アニメだからこそできる美術や世界観の作り方についてコメント。

 「実写に比べアニメは絵で描く分自由度が大きく、実際のものよりイメージをふくらませることが多いです。『千と千尋の神隠し』の湯屋は展覧会の会場『江戸たてもの園』の銭湯もモデルにしているんですけど、そうした実際にあるものを3倍くらいの大きさでつくると、今までと違う世界観ができあがります」(米林監督)

画像 会場で展示されている「油屋」の模型 (C)Studio Ghibli

 さらには舞台設定を作る際に、“高低差”をつけることで観客に“移動する感覚”を味わってもらうよう意識しているという。

 「会場にある『アルプスの少女ハイジ』のジオラマでも、山の上には小屋があって下って行くと町があるなど高低差がある。こうした上と下の構造みたいのを作品の中に取り入れると、主人公が移動したようにすごく感じるんです。『思い出のマーニー』でも杏奈が泊まる大岩さんの家とマーニーの湿っ地屋敷に高低差を作って、坂道を登ったり降りたり。杏奈といった主人公の移動する感覚を、お客さんも一緒に抱えながら観ることができます」(米林監督)

 立体建造物展ではこうした建物同士の関わり合いに注目しても、新たな発見がありそうだ。

画像 「アルプスの少女ハイジ」のジオラマ

画像 カオナシの着ぐるみと米林監督

 今回カオナシの着ぐるみが登場したことで、「カオナシのモデルになった」とうわさされる米林監督とカオナシの2ショットも実現。司会者いわく「禁断の初共演」だそう。

 米林監督はこのうわさについて、「実際はモデルじゃないんです。湯屋の外にカオナシが立っているシーンの作画をぼくが担当していたところ、それを見た宮崎さんが『麻呂(米林監督の愛称)にそっくりじゃないか』って。それをプロデューサーの鈴木さんがあちこちで宣伝しているんです」と笑って訂正。「モデルというよりはカオナシにぼくが似ていただけなんですよね」

画像 米林監督から来場者10万人目の記念品を受けとる、竹内美晴さん(左)と佐々木春希さん(右)

 記念すべき10万人目の来場者となったのは東京都から来た学生2人、竹内美晴さん(19)と佐々木春希さん(18)。「雨で遅れている友達を待っていたら10万人目になりました」と驚きながらも笑顔を見せる。

 展示でよかったところについては、「マーニーの湿っ地屋敷の絵がすごくきれい。油屋の模型も天井につくくらい大きくておもしろかったです」(佐々木さん)、「私もマーニーで、特にサイロなど描き込みがあって素晴らしく、ほかにも魔女の宅急便のグーチョキパン屋の模型もかわいくて実際に見れるのがうれしかったです」(竹内さん)と、ジブリ作品の建造物をより堪能したようだ。

画像画像 米林監督のサイン会も限定200人で行われた。前日の告知を聞いて駆けつけた人もいれば、たまたま来場してサインをもらえて「マーニー大好きだったからうれしい!」という人も

 この日は平日にもかかわらずほかにも多くのお客さんが来場。「サツキとメイの家のミニチュアでは、庭から芽が生えたり天井にまっくろくろすけがいたりと『となりのトトロ』のシーンを思い起こすものがあって、また観返したくなりました」(19歳、女性)、「油屋の模型の後ろ側には、作中で千尋が走るパイプもちゃんと再現されてあって、手の細かさにびっくり」(20歳、女性)など、いろんな人がそれぞれの視点で展示を楽しんでいた。

 スタートから2カ月で来場者10万人という数は、2002年に同園で開催された「千と千尋の神隠し展」のペースを上回る。8月の動員数においては開園以来の最高動員記録を更新するというにぎわいぶりだ。開催は12月14日までと会期はまだ2カ月以上もあるので、まだ見ていない人もすでに来場した人も、建物という細部からジブリ作品の魅力をさらに発掘してみよう。

画像

 なお、記念セレモニーに登場したトトロの着ぐるみは、9月15日まで江戸東京博物館(東京都墨田区)で開催されている「思い出のマーニー×種田陽平展」にも12日から登場し、一日中会場をうろうろするそう。「『思い出のマーニー』の湿っ地屋敷やサイロにほんとに入り込んでいるよう」と米林監督も太鼓判を押す、種田陽平さんが手がけた美術セットと一緒に楽しんでみては。

画像 左から、短い足でじわじわと退場するトトロ、それをマネする米林監督、その米林監督が似ているカオナシ。ちなみに、トトロはいい感じにモフモフしてます


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー