新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月11日 19時09分 UPDATE

「吉田調書」も 福島第一原発事故調査委の「ヒアリング記録」をWeb公開

朝日新聞は「吉田調書」を巡る報道に誤りがあったことを認めて謝罪する方針。

[ねとらぼ]

 政府は9月11日、福島第一原発事故における政府事故調査委員会の「ヒアリング記録」を内閣官房のサイトで公開した。同委員会が非公開で聴取したヒアリング記録が公になるのは初めて。

ah_yosi1.png

 11日に公開された資料は、事故当時の福島第一原発で所長を務めていた故・吉田昌郎氏を含む19人分。同委員会によるヒアリングは、「責任追及を目的とした調査・検証は行わない」「ヒアリング対象者が不開示を希望する場合には外部に公開しない」などを前提に任意の協力を得て行われたため、原則非公開とされていたが、このたび本人の同意がある場合は、第三者の権利・利益や国の安全などに係る部分を除き、必要な範囲で開示する方針になった。今後も準備が整ったものから順次公開していく。

ah_yosi2.png 吉田調書

 逝去した吉田氏のヒアリング記録については、「これまでは(内容の一人歩き懸念する)上申書を踏まえて非公開としてきたが、同記録を断片的に取り上げた記事が複数のメディアに掲載され、本人の懸念が顕在化しており、このままではかえって意志に反することになる」(菅官房長官)との判断から、公開された。

 「吉田調書」を巡っては、今年5月に朝日新聞が独自スクープとして、「第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が、所長命令に違反して撤退した」などと報じ、議論を呼んでいた。テレビ朝日によると、朝日新聞は報道に誤りがあったことを認め、訂正するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー