新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月12日 16時01分 UPDATE

訓練用の爆薬入りスーツケースを空港に置き忘れ 豪警察が謝罪

探知犬の訓練に使った爆薬が、3週間以上忘れ去られていました。

[ねとらぼ]

 麻薬や爆発物をかぎ分ける探知犬の訓練に使った爆薬を空港に置き忘れていたとして、オーストラリア連邦警察(AFP)が謝罪しました。

aH_afp.png

 訓練は8月14日にシドニー空港で実施され、そのとき使われたプラスチック爆薬入りスーツケースが9月9日まで3週間以上にわたって放置されていたとのこと。同空港を訪れた旅行者が、破損した旅行かばんの代わりにこのスーツケースを渡されて、爆薬を発見しました。旅行者は爆薬を警察署に届け、警察署から署員が一時避難する騒ぎに。

 訓練に使った爆弾は爆発しない状態で、旅客に危険はなかったものの、AFPは「ミスを深刻に受け止めている」として謝罪しています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事