ニュース
» 2014年09月12日 18時27分 UPDATE

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」の舞台・流川市が千葉県流山市と業務提携

架空の行政課と、実在する商工課がコラボ。流川と流山、たしかに似ている……。

[ねとらぼ]

 アニメも放映中のマンガ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」(作者:小杉光太郎)の舞台である架空都市・流川市と、千葉県流山市が業務提携することになった。

画像 業務提携を知らせるアニメ公式ブログ

 提携するのは、作品内でアイドル「流川ガールズ」を生み出す行政課「流川市ふるさと振興課」と、流山市商工課の流山本町・利根運河ツーリズム推進室。名前が似ている上に特産物や豊かな自然など共通点もあり、流山市役所やファンから「なにか一緒にできないか」という意見が出たことから決定した。

画像 さっそく流山市のイベントに参加予定の、作中のゆるキャラ・魚心くん

 まずは10月13日に流山キッコーマン株式会社駐車場で開催される「流山白味醂200年祭」に、作中のゆるキャラ「魚心くん」が登場。来場者は一緒に写真撮影できるそうだ。同イベントや提携に関する情報は、アニメの公式ブログが随時紹介していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー