ニュース
» 2014年09月12日 19時32分 UPDATE

明るい廃墟と話題になった「ピエリ守山」 12月にリニューアルオープン

外資系のファストファッション大型店舗など約150店舗が入る予定。

[ねとらぼ]

 滋賀県にあるショッピングモール「ピエリ守山」が12月中旬にリニューアルオープンする予定であることを、親会社の不動産会社サムティが明らかにした

ah_pieri1.png 「ピエリ守山 商業施設計画に関するお知らせ」

 双日商業開発が運営し、店舗数は約150店舗。主要テナントはH&M、ZARA、Bershka、Stradivarius、GAP、OLD NAVYなど。外資系のファストファッション大型店舗を核に、国内外のアパレル・雑貨店舗、地元の食物販・飲食店舗などを誘致する。

 また琵琶湖湖岸という自然豊かなロケーションを生かして、アウトドアライフをコンセプトにした体験型付帯施設を併設するとしている。

 ピエリ守山は2008年の開業時には200もの店舗があったが、景気の悪化や周囲の大型商業施設との競合で店舗数が激減。店舗が数えるほどになったころから“生ける廃墟”“明るい廃墟”としてネットで注目が集まっていた。今年2月にリニューアルのため全面閉店していた。

ah_moriyama01.jpg ,公式サイトは休館告知のまま

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー