ニュース
» 2014年09月17日 08時00分 UPDATE

首のコリや疲れ目がスッキリ PC・スマホ使用の悩みを解消するヨガストレッチ

PCやスマホで首や目が……そんな悩みをストレッチですっきりさせましょう。

[取材・撮影・文 / 姫野ケイ 編集協力 / 岡徳之,ねとらぼ]

 仕事でPCのモニターをずっと見ていたせいで目がシパシパ、スマートフォンのゲームに夢中になって首がコリコリ。現代人の必需品であるPCやスマホ。1日に1度もPCやスマートフォンを使用しない人はあまりいないのでは?

 ヨガインストラクターのなつみ先生に、手軽にできるストレッチを教えてもらう本連載。今回のテーマは、現代人の悩みである目や首の疲れ。首は背中の筋肉とつながっているため、背中回りの筋肉をゆっくりほぐすストレッチが効果的です。では、さっそく紹介いたします。

首のストレッチ

1. あぐらをかいて座ります。

ah_yoga1.JPG クッションをお尻に敷くと、座りやすくなります

2. 両手を頭の上に置いて息を吸います。息を吸い、吐きながら手で軽く頭を倒し、首の後ろを伸ばします。

ah_yoga2.JPG
ah_yoga3.JPG

3. 呼吸を3回します。

4. 3回呼吸をしたら、吸いながらあぐらに戻ります。

5. 次は首の左右の筋を伸ばすストレッチです。右手で左のこめかみ周辺をつかみ、息を大きく吸い、吐きながら右斜め前に倒します。

ah_yoga4.JPG 倒している方と反対の肩が上がらないよう、注意してください

6. 3回呼吸をし、吸いながらあぐらに戻ります。

7. 反対も同じように行います。

肩甲骨を動かす首のストレッチその1

1. あぐらをかいて座ります。

2. 体の前で腕を組み、両腕の肘をつかみます。

ah_yoga5.JPG

3. 大きく息を吸い、吐きながら体を前に倒します。背中を丸め、首の力を抜いて頭の重さでストレッチを加えてください。

ah_yoga6.JPG

4. 3回呼吸をしたらあぐらに戻ります。

肩甲骨を動かす首のストレッチその2

1. あぐらをかいた両膝の上に両手を置きます。

ah_yoga7.JPG

2. 大きく息を吸い、吐きながら両手で膝を押しながら前に倒れます。肩甲骨を開きながら、頭の重さでストレッチをかけていきます。

ah_yoga8.JPG
ah_yoga9.JPG

3. 3回呼吸をしたら、あぐらに戻ります。

 PCやスマホをできるだけ使わないようにするのが一番の対策ですが、そういうわけにはいきませんよね。目や首が疲れてしまう前に、上記のストレッチを行って、PCやスマホと上手に付き合ってくださいね。

取材協力/ヨガインストラクター なつみ

取材・撮影・文/姫野ケイ



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう