ニュース
» 2014年09月17日 15時44分 UPDATE

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界文化遺産推薦を決定

「国立西洋美術館」も仏の推薦枠で。

[ねとらぼ]

 9月17日、外務省や文化庁において世界遺産条約関係省庁連絡会議が催され、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を、ユネスコの世界文化遺産登録に推薦することを決定した。

世界遺産

 9月末までに推薦書をユネスコに提出した後は、2015年2月1日まで世界遺産条約関係省庁連絡会議及び閣議了解を経て推薦書(正式版)のユネスコ世界遺産センターへの提出、同年9月頃に諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)による現地調査が実施され、2016年6月の第40回世界遺産委員会で世界遺産一覧表記載の可否を審議する。

 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、日本におけるキリスト教の伝来と布教の歴史を物語る資産で、長崎市の大浦天主堂や五島列島の頭ケ島天主堂などの教会を含む2県13の資産で構成されている。

 なお、同会議では仏の推薦枠である「ル・コルビュジエの建築作品」の構成資産の1つとなる「国立西洋美術館」の推薦も決められた。

世界遺産

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー