新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月20日 14時19分 UPDATE

TGS2014:スマホで「FF13」が動くって本当!? → 本当でした スクエニ注目のクラウドサービス「DIVE IN」を試す

なにこれ魔法?

[ITmedia]

 スマートフォンやタブレットから「ファイナルファンタジーXIII(FF13)」などのゲームがプレイできる、スクウェア・エニックスのストリーミングゲームサービス「DIVE IN」(紹介記事)。サービス開始は10月9日の予定ですが、「東京ゲームショウ2014」会場で一足早く触ってみることができました。


画像 「DIVE IN」はスクウェア・エニックスブース内で試遊可能

 今回の試遊では「FF13」「FF7インターナショナル」のどちらかがプレイ可能。筆者は迷わず「FF13」を選択しました。

 冒頭15分くらいを遊んでみた感想としては、「思ったより普通に遊べる」。ストリーミング映像なので操作に0.1秒ほどのタイムラグはありますが、シビアなアクションが要求されるようなゲームでなければほぼ気にならないレベル。ただ格闘ゲームなどを遊ぶにはちょっと厳しいだろうな、という印象を受けました。


画像 今回はAndroidタブレットで試遊。ホントに「FF13」が動いてる!

画像 ちょっとラグはあるもののRPGならそこまで気にならなそう

 映像については得手不得手が非常にハッキリしていて、一言で言えば「動きの激しいシーンは苦手」。ムービーシーンやフィールド移動中などはPS3と見分けがつかないくらいキレイですが、移動中に急激にカメラを動かしたり、戦闘中にキャラクターが大きく動いたりすると途端にブロックノイズが目立つようになります。フレームレートは安定して高く、見たところ常時30fps近く出ているようでした。

 ただ今回は会場内にクラウドサーバーを設置し、有線でサーバーと接続しているため、環境的にはほぼベストに近い状態だったそう。実際のパフォーマンスはこれより多少下がると見ておいた方がよさそうです。


画像 ムービーシーンはお手の物

画像 カメラを急に振るとブロックノイズが

 またちょっと気になったのが操作性。スマホやタブレットで遊ぶ場合、画面に表示されたバーチャルパッドをタッチして操作するわけですが、これが使いにくい! どうしてもこうなってしまうのは分かるのですが、正直、こんなにボタンの多いバーチャルパッドは初めて見ました(笑)。


画像 操作説明。このゴチャゴチャ感はちょっとツラい

 総括すると、「思ったより遊べるが、気になる点もある」といった感じ。実際のサービスでどこまで快適に遊べるかは、スクエニのお手並み拝見といった感じでしょうか。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー