新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月21日 18時00分 UPDATE

旅行行ったら押さえておきたい 世界で人気の博物館と美術館はここ

日本ではあの施設。

[ねとらぼ]

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」上に投稿された世界中の旅行者の口コミ評価をもとに、観光スポットの定番である博物館と美術館をランキング化した。

 「広島平和記念資料館」が日本で1位になっているほか、戦争と平和が学べる3施設がランクインしている。そして意外にも2位に「福井県立恐竜博物館」が!

日本の博物館・美術館 トップ10

  • 1位:広島平和記念資料館(広島県広島市)
  • 2位:福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)
  • 3位:長崎原爆資料館(長崎県長崎市)
  • 4位:箱根彫刻の森美術館(神奈川県箱根町)
  • 5位:大原美術館(岡山県倉敷市)
  • 6位:知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)
  • 7位:東京国立博物館(東京都台東区)
  • 8位:大塚国際美術館(徳島県鳴門市)
  • 9位:江戸東京博物館(東京都墨田区)
  • 10位:博物館網走監獄(北海道網走市)
博物館美術館 広島平和記念資料館(広島県広島市)

 アジアに目を移すと、トップ25内に日本から6施設がランクイン、国別の施設数では日本がNo.1となっている。1位は教科書でも勉強した中国・西安の「秦始皇兵馬俑博物館」に。

アジアの博物館・美術館 トップ25

  • 1位:秦始皇兵馬俑博物館(中国)
  • 2位:トゥール・スレン虐殺博物館(カンボジア)
  • 3位:広島平和記念資料館(日本)
  • 4位:ベトナム民族学博物館(ベトナム)
  • 5位:ヘルファイアー・パス博物館(タイ)
  • 6位:ベトナム女性博物館(ベトナム)
  • 7位:上海博物館(中国)
  • 8位:香港歴史博物館(中国)
  • 9位:アジア文明博物館(シンガポール)
  • 10位:イスラム美術館(マレーシア)
  • 11位:戦争証跡博物館(ベトナム)
  • 12位:福井県立恐竜博物館(日本)
  • 13位:チャンギ教会・博物館(シンガポール)
  • 14位:Darshan Museum(インド)
  • 15位:古文書館マテナダラン(アルメニア)
  • 16位:地雷博物館(カンボジア)
  • 17位:長崎原爆資料館(日本)
  • 18位:Museum of Contemporary Art (タイ)
  • 19位:国立故宮博物院(台湾)
  • 20位:箱根彫刻の森美術館(日本)
  • 21位:大原美術館(日本)
  • 22位:ベンカブ博物館(フィリピン)
  • 23位:Museum of World Insects and Natural Wonders(タイ)
  • 24位:知覧特攻平和会館(日本)
  • 25位:マニ・バワン・ガンディー博物館(インド)
博物館美術館 秦始皇兵馬俑博物館(中国)

 さらに世界に目を移すと、トップ25の1位にはゴッホ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンなど多数の有名絵画を一度に鑑賞できるシカゴ美術館が推されている。残念ながら日本どころかアジアからはランクインしていない。

世界の博物館・美術館 トップ25

  • 1位:シカゴ美術館(アメリカ)
  • 2位:メキシコ国立人類学博物館(メキシコ)
  • 3位:エルミタージュ美術館と冬宮殿(ロシア)
  • 4位:ゲティ・センター(アメリカ)
  • 5位:アカデミア美術館(イタリア)
  • 6位:オルセー美術館(フランス)
  • 7位:メトロポリタン美術館(アメリカ)
  • 8位:アクロポリス博物館(ギリシャ)
  • 9位:プラド美術館(スペイン)
  • 10位:ヤド・ヴァシェム(ホロコースト記念館)(イスラエル)
  • 11位:国立第二次世界大戦博物館(アメリカ)
  • 12位:ナショナル・ギャラリー(イギリス)
  • 13位:ヴァーサ博物館(スウェーデン)
  • 14位:ナショナル·ギャラリー・オブ・アート(アメリカ)
  • 15位:大英博物館(イギリス)
  • 16位:アヤソフィア博物館(大聖堂)(トルコ)
  • 17位:リカルド・ブレナンド文化学院(ブラジル)
  • 18位:ボルゲーゼ美術館(イタリア)
  • 19位:ルーブル美術館(フランス)
  • 20位:アムステルダム国立美術館(オランダ)
  • 21位:国立航空宇宙博物館(アメリカ)
  • 22位:秦始皇兵馬俑博物館(中国)
  • 23位:イニョチン(ブラジル)
  • 24位:ニュージーランド国立博物館(ニュージーランド)
  • 25位:黄金博物館(コロンビア)
博物館美術館 シカゴ美術館(アメリカ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事