新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月22日 14時57分 UPDATE

3Dプリンタで作った“指が届かない人用”のiPhone 6ケース 便利そうだとTwitterで話題に

確かにこれなら画面全体を親指で操作できる!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 発売されたばかりのiPhone 6は横幅が従来よりも広くなり、人によっては手に収まらず親指での画面操作ができないかもしれません。そんな指が届かない人でも親指が画面全体へ届くようになるiPhone 6用ケースを、3Dプリンタで製作した人がTwitterに現れました。

画像 本体裏にこのような補助グリップ部をもたらすケース

画像画像 iPhoneではなくケースの補助部を握ることで、親指も画面全体に届く。画期的!

 開発したのは@Gosohさん。ケースはiPhone 6の裏の真ん中辺りに、親指以外の4本でつかめる補助部分を設けるものです。Twitterに投稿された写真では、補助部分を握って画面端まで親指をのばす様子が確認できます。これは製品化を望む声も多いのでは。

 ケースに対しTwitterでは「これすごいな僕のXperia用も頼みたいぐらい」「素晴らしいですね。速攻特許申請したほうが(いいのでは)」と利便性を称賛するコメントが見られます。ケースの写真を添付したツイートは、1日で約5000回リツイートされるなど話題になりました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事