ニュース
» 2014年09月25日 15時01分 UPDATE

これまでにない「不便」なカメラアプリ「Tomo」爆誕 ホントに不便だこれ……!

でもなんか懐かしい……!

[ねとらぼ]

 サウンドサイエンスが、“とにかく不便”なiOS向けカメラアプリ「Tomo(トモ)」を発表しました。開発企業が自ら不便さをアピールするとは……なんで作った!?

photo 特許出願中らしい

 このアプリ、なんとデジタルなのに撮影した写真をすぐに見ることができません。36枚撮り終えて、72時間待つことで、はじめて写真が見られます。そう、フィルムカメラの感覚をデジタルでもあえて再現したのが、このアプリなんです。しかも、ファインダーは小さくて見にくいし、SNS連携機能もないし、はやりのフィルター機能もない……うん、すっごく不便!

photo 画面ちっちゃ!!!!!!!
photo 現像感覚で待ちましょう

 でも、なんでこんなアプリを作ったのか──そこには、意外と真面目な答えがありました。スマートフォンの普及とともに気軽かつ大量に写真が撮れるようになった昨今、「記録に残すことに熱心になり、記憶に残すことが疎かになっていることはないでしょうか」と同社はスマホユーザーに向け語りかけます。

 「旅行中に子どもにiPhoneを向けるよりも子どもを観察する方が楽しいかもしれません」「一度の旅行の思い出を残すには36枚で充分かもしれません」──そんな思いを込めて作られたのが、今回のアプリ。無料アプリなので、コンセプトに共感したなら一度使って見るのもいいかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう