新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月25日 18時05分 UPDATE

「ディスる」「タクる」は70%が聞いたことがないと回答 国語世論調査で判明

ディスるって皆知らないのか……。

[たろちん,ねとらぼ]

 文化庁が平成25年度「国語に関する世論調査」の結果を発表しました。気になる敬語の使い方や「コンセンサス」「イノベーション」といった外来語に関する感じ方の他、「愚痴る」「ディスる」といった造語の認知度についても調査されています。

画像

 「〜る」「〜する」形の動詞で、自分も使うという割合が最も高かったのは「チンする(90%)」「サボる(86%)」といった言葉。「お茶する」「愚痴る」「事故る」「パニクる」といった言葉も90%以上の人が認知しており、約半数が自分も使うことがあると回答しています。

 一方、若者言葉の認知度はまだ低く、告白するという意味の「告る」は25%、挙動不審な態度を表す「きょどる」は48%が聞いたことがないと回答。20代〜30代を中心に使われる「タクる(タクシーに乗る)」や、ネットを中心に使われている「ディスる(けなす、否定する)」は70%以上の人が聞いたことがないと回答しており、実際に使うと答えたのは全体のわずか5%ほどでした。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事