新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月29日 16時08分 UPDATE

勝間和代さん所属事務所、事業仕分け時の発言めぐる批判受け「誤解」とコメント 御嶽山噴火に関して

御嶽山の噴火に関して、勝間さんの過去の発言が誤解され、批判されていると所属事務所が説明している。

[ねとらぼ]

 御嶽山の噴火に関し、経済評論家・勝間和代さんの事業仕分け時の発言が批判を受けていることについて、勝間さんの所属事務所が誤解としてコメントを発表した。

ah_katsuma.png

 当該の発言は勝間さんが2010年の事業仕分けでしたもので、「大規模噴火は数千年に1度なのに24時間の監視が必要か」という内容だった。これに対し、「この仕分けがなければ、今回の被害は防げたのではないか」と勝間さんの責任を追及する声が上がっているという。

 勝間さんの事務所は、この発言は「費用削減のためには、火山が噴火して人が死んでもいい」という意味ではなく、「噴火による被害を減らすために、産学連携などで噴火予測により効果的な費用配賦方法があるのではないかという問題提起」だったと説明している。また、気象庁が御嶽山を「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として、当時の仕分けとは関係なく、現在も24時間監視をしていることも指摘している。

 「登山者への噴火被害をゼロにするためには、完璧な噴火予測を追い求めるより、より厳しい入山規制などソフト面での対応こそが重要であると思われます。前掲の勝間の発言はこれらの論点を踏まえた上での発言です。この点について、くれぐれも誤解のないようにお願いできれば幸いです」(所属事務所)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事