新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年09月30日 14時43分 UPDATE

すき家、約6割の店舗で深夜営業を一時休止 ゼンショーは「株式会社すき家本部」に社名変更

深夜に複数勤務体制の確立できない1167店舗で深夜営業を一時休止する。

[ねとらぼ]

 すき家を運営するゼンショーは、深夜帯の「ワンオペ」(1人勤務体制)問題により、すき家の店舗約6割を深夜営業を一時休止すると発表した。

 深夜(午前0〜5時)のワンオペは防犯・労務管理の観点から問題があるとされており、同社はこれを差し迫った課題ととらえ、9月末までに対策を実行することを表明していた。10月1日時点で全国1981店舗のすき家のうち589店舗で深夜の複数勤務体制を確立した。同日以降、これらの店舗は24時間営業とし、ほか87店舗を曜日によって24時間営業とする。複数勤務体制の確立できない1167店舗では、深夜営業を一時休止する。

ah_sukiya.png

 また労働環境の改善に向けた改革の一環として、すき家以外の焼肉事業、うどん事業などをゼンショーからゼンショーホールディングス傘下エイ・ダイニングに移行する。ゼンショーは「株式会社すき家本部」に社名変更し、「すき家」事業に特化する。

 すき家では今年3月に大量店舗閉鎖が起き、これを受けて第三者委員会が労働問題に関する調査を行った。7月に発表された調査報告書では、過酷な労働環境が浮き彫りにされていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事