ニュース
» 2014年09月30日 14時52分 UPDATE

だいち2号が噴火した御嶽山の様子を宇宙からとらえる

噴火口か?

[ねとらぼ]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月30日、噴火した御嶽山を陸域観測技術衛星2号「だいち2号」により観測し、噴火によるくぼみや降灰堆積の様子を報告した。

 だいち2号に搭載されたLバンド合成開口レーダにより先月8月18日に観測した画像と比較すると、噴火後の9月29日に観測した画像では、長さ210メートル、幅70メートルほどのくぼみが確認できる。これが今回新たに形成された噴出口と思われる。

御嶽山 御嶽山山頂付近の噴火前後の比較画像(左が噴火後、右が噴火前)

 また、同軌道からの衛星画像で比較しても、御嶽山山頂の火口の周辺に降灰堆積が多く分布することが分かっている。

御嶽山 紫に見えるところが御嶽山山頂の降灰堆積

 長野、岐阜県境にある御嶽山は9月27日午前11時52分に噴火。山頂付近は約250人の人でにぎわっていたと推測されている。山頂付近に残された人たちの救助活動は難航している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー