ニュース
» 2014年09月30日 18時50分 UPDATE

ドワンゴ川上会長「明日から統合だけど実感ない」 KADOKAWA×ドワンゴ統合記念会見

10月1日からの経営統合を前に、ニコファーレで記念会見が行われた。

[ねとらぼ]

画像

「明日から統合だけど実感なくて。もちろん作業自体はずっと前からあるんだけど、特に今そんなに思うことはないです」(ドワンゴ・川上量生会長)

 9月30日にニコファーレで開催された「KADOKAWA×ドワンゴ統合記念会見」。明日10月1日に行われる両社の経営統合を記念したもので、既報のとおり、両社の初の共同企画「KADOKAWA dwango 統合キャンペーン ニコニコカドカワ祭り」や、「ニコニコ超会議」の書店版「ニコニコ書店会議」などの実施が発表された。


画像画像 ドワンゴの川上量生会長(左)と、KADOKAWA取締役相談役の佐藤辰男氏(右)。新会社では川上氏が会長、佐藤氏が社長をそれぞれ務める

 経営統合について、新会社「KADOKAWA・DWANGO」で社長を務める、KADOKAWA・佐藤辰男取締役相談役は次のようにコメントした。「明日からは飯田橋のKADOKAWA本社ではなく、銀座のドワンゴがあるビルの上に通う。出版社の社長みたいな格好じゃなくてこんな(川上氏の服装を見ながら)格好で行きたい(笑)」「KADOKAWAとドワンゴではビジネルモデルが全然違うし、年齢もひとまわりくらい違う。違いを挙げればきりがないが、目指してるところは一緒。今はその違いを楽しんでいます」。

 また、初の共同企画となる「ニコニコカドカワ祭り」については次のように語った。「今や50%の人が本屋で本を買ったことがないというデータもある。ネットユーザーにリアルな書店に行ってもらいたいとの思いから始めた企画。(統合キャンペーンは)結婚式のケーキ入刀のようなもの。最初の共同作業になるので期待してほしい」。


画像画像 「ニコニコカドカワ祭り」や「ニコニコ書店会議」などの取り組みも発表された

 ドワンゴ川上会長は、新会社でも会長職を務める。統合について聞かれると、「今回すごくありがたいのが、どっちも聞いてると、社員の家族が賛成してくれてること。ドワンゴの方は親が喜んでいて、KADOKAWAの方は子どもが喜んでるっていう(笑)。そういう意味ではお互いもう相乗効果は出てるんじゃないか。明日が楽しみです」とコメントした。

 同会見ではこのほか、niconicoに年内に新サービス「ニコキャス」が導入されることも発表されたが、現時点では名前のみで、詳細については明かせないとのことだった。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう