新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月01日 14時21分 UPDATE

いつもの散歩道に文章を投影 日常の風景を絵本にするシステム「路上絵本」がすてき

小型プロジェクターから路上のあらゆるものへ文字を当てることで、散歩道が絵本に変身!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 小型プロジェクターで路上に文章を投影して、子どもとの散歩道を絵本にするシステム「路上絵本」がすてきです。ポスト、木、水たまりなど道にあるすべてのものを絵に見立て、そこに物語となる文字を添えることで、デジタルを使った新しい絵本が生まれています。

画像

 「路上絵本」は面白法人カヤックの佐藤ねじさんによる個人プロジェクト。システムの仕組みとしては、絵本型の箱の中にモバイルプロジェクターと1台のスマホをつないでセットし、もう1台のスマホから文字を入力するというものです。リアルタイムで絵本型の箱から道へ文字が出力されます。

画像画像 スマホで文字を入力すると絵本のデザインの箱から出力され

画像 路上のあらゆるものに投影。散歩道が絵本になります

 紹介動画では男の子と散歩しながら路上を「まちでんしゃ」という絵本にしていきます。点字ブロックの上に「がたんごとん」「せんろはつづく どこまでも」という文字をすべらせたり、通りがかったポストに「ポスト駅に到着〜!」と投影したりして、散歩道を電車の物語に演出。男の子も文字の上を笑って走り回ったりと楽しそうです。

画像 点字ブロックを線路に見立てたりも

 今回モバイルプロジェクターにはアドトロンテクノロジー社「VIVITEK QUMI Q5」を使用したらしく、同様にスマホの画面を遠隔操作で投影できる製品を用いれば、「路上絵本」のシステムは自分でも作れるそうです。佐藤さんは「プロジェクターは絵本型の箱に入れなくてもいいのですが、子どもに魔法を見せるために、あえてパッケージ化するのがポイントだと思っています」とプロジェクターの見た目に工夫を取り入れることも勧めています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事