新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月02日 07時00分 UPDATE

教科書に載ってるアレが見られる! 東京国立博物館で「日本国宝展」開催

正倉院の宝物や「漢委奴国王」の金印など、約120件の国宝が集まる。

[ねとらぼ]

 さまざまな国宝を集めた「日本国宝展」が10月15日〜12月7日に東京国立博物館(東京・上野)で開催される。

ah_kokuho.png

 奈良・法隆寺の「玉虫厨子」、「地獄草紙」、国宝の土偶5体、福岡県で出土した「漢委奴国王」の金印、元興寺五重小塔など約120件を展示する。正倉院宝物も特別出品される(展示期間が限定されているものもある)。

 観覧料は大人1600円、大学生1200円、高校生900円(税込、当日券の場合)。前売券(当日券より200円安い)は東京国立博物館や展覧会公式サイト、主要プレイガイドで販売している。

 日本国宝展は平成に入ってから3回目。1990年、2000年の開催では120万人を動員した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事