ニュース
» 2014年10月05日 16時43分 UPDATE

台風18号 月曜の通勤時間帯 首都圏を直撃

6日月曜の朝は首都圏の通勤に大打撃の恐れが。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 大型で強い台風18号、九州の南までは自転車並みの速度でノロノロ。ただ、その後はジェット気流にのりスピードアップ。日本列島に沿うように進み、6日月曜の朝は首都圏の通勤に大打撃の恐れ。

ah_taifu1.jpg

台風18号スピードアップ 6日通勤時間帯 東海・関東を直撃か

 大型で強い台風18号、5日午後1時 種子島の南東の海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいます。今夜からは、東よりに向きを変え上空の強い西風(偏西風)にのり、スピードアップ。6日未明には四国から近畿の南の海上、6日の朝には東海から関東へ接近・上陸する恐れがあります。

首都圏の暴風

 首都圏は6日、日付が変わる頃から南よりの風が次第に強まり、6日朝から昼頃までは風速25メートルから30メートルの暴風の恐れ。ちょうど朝の通勤・通学の時間帯にあたります。風速25〜30メートルというのは、歩行はもちろん、車は通常の速度で運転するのが困難。道路標識が傾いたり、看板が飛んだり、外にいるのは危険な風です。瞬間的にはこの風の1.5倍から2倍の風が吹くこともあるため警戒が必要です。

首都圏の雨

 首都圏の雨のピークは朝8時くらい〜昼頃。1時間に50ミリ前後の激しい雨の恐れ。50ミリというのは滝のようにゴーゴーと降る雨で、傘はまったく役に立ちません。

 首都圏は台風が接近する5日(日)から、すでに前線の影響でザーザー降りとなっている所があります。レーダーをみると、台風本体の雨雲とは別に関東など本州付近には前線による発達した雨雲が広くかかっています。地盤が緩んでいる所に、台風本体の雨雲がくるため一層の警戒が必要です。

ah_taifu2.jpg 雨雲レーダー

 6日(月)は首都圏の通勤・通学に大きな影響がでる恐れがあります。最新の台風情報をこまめにチェックして下さい。

 なお、関東への上陸は2005年の台風11号(8月26日)千葉市付近に上陸以来です。

上陸時気圧の低かった台風(表参照)

ah_taifu3.jpg

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー