新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月06日 13時46分 UPDATE

冬の鍋をもっと楽しく♪ Twitterで話題になった「大根おろしアート」のレシピ本が登場

ずっと鍋のターン。

[ねとらぼ]

 主婦の友社は10月10日、大根おろしを使ったユニークでかわいいアイデアを収録したレシピ本「大根おろしアート」を発売する。価格は900円(税別)。

大根おろし

 同書では、ブームの火付け役となったきみまろっくさん(@kimimaro0802)の作品10点と、大根おろしアートの世界にハマった人たちの作品、計42点を収録。基本の作り方やポイントを解説している。家族や友だちとなべを囲むとき、ひとりなべで味気ないと感じたときに持ってこいの1冊となりそうだ。

大根おろし 昨冬Twitterに投稿されブームの火付け役となった「白くま」。友人の誕生日パーティー用に作られた

大根おろし 2作目の「パンダ」。白くまを見た妹からのリクエストにより作られた。頭は大きめの方がでっぷり感が出てよりかわいらしくなるという

大根おろし ネットで話題だった「イケメンすぎるアルパカ」を再現。頭の毛はとろろ昆布

大根おろし 「ひつじ」。水菜で草原を、きのこで木々を表現。ひつじのモフモフ感をだすために、粗い大根おろしと細かい大根おろしを使い分けている

◯ハマる人続出!! 大根おろしアートWorld 話題の作品編

大根おろし 「カピバラ家族のゆず湯」(石原悠子) 大根おろしにしょうゆを加えて茶色に。露天風呂に浸かっているカピバラが可愛い

大根おろし 「犯人はヤス」(ぴろこ)  30〜40代のファミコン世代にはたまらない「ポートピア連続殺人事件」の大根アート。作者の家族には「気持ち悪い」と不評だったとか

大根おろし 「マルコメ君」(マルコメ) 会社自らが大根おろしアートに挑戦。さすがは食品メーカー!な完成度

大根おろし 「チンタイガー」(中道薫/ノオト 協力:CHINTAI情報局) 賃貸物件検索サービス「CHINTAI」のマスコットキャラクターを再現。青い食紅を用いている。難易度は★5

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事