新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月06日 16時40分 UPDATE

東芝、人間型コミュニケーションロボット開発 上半身が自然に動く

お辞儀や簡単なあいさつ、手話などの動作ができる。

[ねとらぼ]

 東芝は、人間らしい姿で腕や手が自然な動きをコミュニケーションロボットを開発したと発表した。10月7日から開催のCEATEC JAPAN 2014(幕張メッセ)で展示する。

ah_toshiba.jpg

 このロボットは、肌の質感や目の動きなど人間らしい姿で、上半身が自然に動く生身の人間らしい質感という。現在はお辞儀や簡単なあいさつ、手話などの動作が可能で、2020年には東芝のセンサー技術や音声合成技術、音声認識技術、ロボットメカ制御技術などを搭載する。高齢者・認知症患者の話し相手、遠隔カウンセラー、手話ロボット、高齢者見守りロボットなど福祉・ヘルスケア分野で活用する計画。

 開発にはエーラボ、大阪大学、芝浦工業大学、湘南工科大学が協力した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事