新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月07日 06時00分 UPDATE

米マリオットホテルが会議室利用者の持ち込みWi-Fiを妨害、FCCから60万ドルの罰金

ホテルの高額なWi-Fiサービスを使わせるために、カンファレンスルーム利用者が持ち込んだWi-Fiネットワークを無効化していた。

[ねとらぼ]

 ホテルのカンファレンスルーム利用者が持ち込んだWi-Fiネットワークを妨害したとして、米Marriott Internationalと子会社の米Marriott Hotel ServicesがFCC(米連邦通信委員会)から60万ドルの罰金支払いを命じられました。

 FCCは、Marriottのゲイロード・オープリーランドホテルの従業員が、Wi-Fi監視システムの機能を使って、利用者がカンファレンスルームに持ち込んだWi-Fiネットワークを無効化していたことが分かったとしています。このような通信の妨害は連邦通信法違反となります。同ホテルでは、カンファレンスルームで独自のWi-Fiサービスを提供しており、利用料は端末1台当たり250〜1000ドルと高額。

 「ホテルが個人のホットスポットを意図的に無効化する一方で、ホテルのWi-Fiネットワークに高い料金を課すことは受け入れられない」(FCC)

 MarriottはFCCに対し、Wi-Fi妨害技術の使用をやめること、今後3年間、3カ月ごとにコンプライアンスについての報告書をFCCに提出すること、罰金60万ドルの支払いに同意しています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー