ニュース
» 2014年10月08日 16時59分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2014:村田製作所「チアリーディング部」がハイテク&ぐうかわだった ロボ10体が倒れず・ぶつからず巧みに陣形ダンス!

設定ではみんな小学生高学年の女の子。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 10体のチアリーダーロボが、ボールの上でバランスを保ってコロコロ移動しながらフォーメーションダンスを披露! 10月7〜11日開催の「CEATEC JAPAN 2014」で、村田製作所が開発したロボット「村田製作所チアリーディング部」に応援されてきた。

画像 バランスをコロコロとって1列に並んだチアリーディング部

 チアリーディング部のポイントは「倒れないところ」と「ぶつからないところ」。ステージでは10体がボールに乗ったまま、ボーリングのピンのような配列で移動したり、1列になってS字走行したりと、複雑そうな技を決めていく。その間両手をぴょこぴょこ上下に動かしても決して倒れない。2列に分かれて交差するときも、互いの間をすり抜けてみせた。丸っこかわいい見た目に対し、かなりの実力。

画像 最初は1体で登場したチアリーディングロボ。微妙にゆらゆら揺れながら、ボールの上でバランスを保ちます

画像

画像画像画像 2列で交差するところでは客席から歓声が

 倒れない秘密は3つのジャイロセンサーにある。体の傾きをセンサーが検知すると、どの方向にどの速度で移動すればいいのか瞬時に計算。傾いた方へ体を動かすことで、重心を地面とボールの真上でキープするようになっている。手の上に立てたほうきを倒さぬよう手を動かす遊びと同じ要領だ。ジャイロセンサーはカメラの手ブレ防止や自動車の横滑り防止装置などにも使われているそう。

画像 円形を組むと、正面を外側に向けたまま横に動いて円を回し始めた。正面と違う方へ動くのはすごく難しいのだとか

 ぶつからないのはワイヤレスセンサーネットワークのおかげ。ステージの上では2つの発信機が超音波と赤外線を発している。それらをロボットが内蔵された超音波マイク5基と赤外線センサ4基でキャッチすることで、2つの時間差から自分の位置をリアルタイムで正確に把握。4×4メートルの範囲でぶつかることなく陣形を変えられる。

 村田製作所の技術・事業開発本部副本部長である小島祐一さんは、これらのセンサー&通信技術は、人とモノが高度に融合していくスマート社会のコアインフラになると示唆した。車の衝突防止や車同士の通信にも活用されていくという。

画像画像 最後は陣形をハートマークに! ぐうかわ

 やくしまるえつこさんが手がけたキュートな音楽にのせ、チアリーディング部が最後に見せてくれた陣形はハートマーク。高度な技術がかわいらしい演出へと見事に昇華され、筆者もばっちり心を掴まれてしまった。ちなみにロボたちの年齢設定は小学校高学年なので、恋は禁物。


黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!