ニュース
» 2014年10月09日 07時00分 UPDATE

餃子の王将、餃子の主要食材と麺の小麦粉を国産に切り替え

より安心・安全、より上質を目指して国産化。

[ねとらぼ]

 餃子の王将を運営する王将フードサービスは、10月8日から全店で販売する餃子の主要食材、麺類に使用している小麦粉の原産地を100%国内産へ切り替えたと発表した。

 以前から餃子に使用している食材のほとんどは国産だったが、餡に使っているショウガと、皮に使っている小麦粉は、国内調達が難しいため外国産を使用していたという。今回ショウガと小麦粉を国産化したことで、餃子の主要食材(豚肉・小麦粉・キャベツ・ニラ・にんにく・ショウガ)が全て国産になったという(ただし一部調味料などは外国産を使用)。

ah_osho1.jpg

 また麺に使っている小麦粉も国産化(ただし揚げそばの麺のみ、従来通り外国産小麦粉を使用)。これにより「表面はしっとりつるっつる、芯はしっかりとしたコシがあり、もっちりとした食感」を実現したとしている。

ah_osho2.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー