ニュース
» 2014年10月15日 14時26分 UPDATE

駅員寝過ごしで34人始発に乗れず 丸ノ内線南阿佐ケ谷駅

駅社員2人が寝過ごし、始発列車に乗れない人が出たことについて東京メトロが謝罪している。

[ねとらぼ]

 東京メトロは10月15日、丸ノ内線南阿佐ケ谷駅で、駅社員の寝過ごしによって駅の営業開始が遅れたとして謝罪した

 同日午前5時ごろ、34人が始発列車に乗車できず、下車した乗客2人が駅から出られない事態が発生した。4時30分に起床して営業の準備を行うはずの駅社員2人が寝過ごし、駅出入口のシャッターの開扉、エレベーターや自動改札機、自動券売機等の稼動ができず、始発の時点で駅が営業していない状態となっていたため。始発列車の運転士が司令所に報告し、指令所が当該社員を呼び出して営業を開始した。

ah_metro.jpg

 東京メトロは再発防止策として、駅務管区長会議での指導、バックアップ体制の見直しを図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー