新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月16日 06時00分 UPDATE

Oculus Riftでオーロラが見られる 国立極地研究所で常設展示

アラスカのオーロラをOculus Riftで仮想体験できる。

[ねとらぼ]

 国立極地研究所 南極・北極科学館で、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift DK2」を使ってオーロラ映像を見られる常設展示が始まった。

ah_ocu1.jpg

 映像は国立極地研究所の片岡龍峰准教授が2013年3月にアラスカ・フェアバンクス郊外で撮影したもの。一晩中激しいオーロラが夜空に舞い続ける、磁気嵐と呼ばれる特別な一晩を約3分間にまとめた。約8キロ離れた2地点において同時に撮影した映像を、立体視の原理を用いてオーロラの高さ測定を行うために、座標変換した。

ah_ocu2.jpg オーロラ映像

 これによって得られた右目用と左目用のオーロラ映像を、オリハルコンテクノロジーズのドーム映像投影ソフト「Amateras Dome Player」でOculus Riftに映し出す。上空どの方向を向いても3Dのオーロラを高解像度で見ることができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事