新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月16日 14時21分 UPDATE

イオンモールに奈良県と京都府の境界が!? 税金や消防点検・ゴミの分別はどうなってるのか聞いてみた

ふむふむ(。・ω・。)

[太田智美,ねとらぼ]

 先日、イオンモール高の原の建物内に奈良県と京都府の境界があることがTwitter話題になっていました。建物の中に都道府県の境界!? なにそれすごい!

 そんなふとした瞬間に、1つの疑問が生まれました。建物の中が都道府県の境界になっている場合、税金や消防点検、ゴミの分別はどうなっているのでしょうか。やっぱり面積が大きい方に従うのかな?? 気になったので、イオンモール広報部の担当者に聞いてみました。


画像 「イオンモール高の原」館内にある境界線

 担当者によると、税金は「案分」とのこと。イオンモール高の原では、奈良県と京都府の両方に税金を割り振り納めています。また、消防点検は相楽中部消防組合消防本部が一括管理しているそう。ゴミの分別も、境界線より奈良県側で出たゴミは奈良県のルールに従い、京都府側で出たゴミは京都府のルールに従っているのだとか。

 ちなみにイオンモール高の原では、案内図にも境界線が引かれています。


画像
画像

 それにしても見事な境界! 近くを訪れた際には、ちょっと寄り道して「イオンモール高の原」の境界を拝みに行ってみてはいかがでしょうか。


画像 (2階)境界線がくっきりと!

画像 (3階)うっすらと書かれている黄色の線が境界です

画像 (4階)境界線がなじんでる

 ※当初「消防点検は境界線を境にそれぞれに行っている」と記載していましたが、「相楽中部消防組合消防本部が一括管理している」との指摘を受けて再度イオンモール側に確認したところ、「現地に確認したところ、ご指摘の通りとのことでした」とのことでしたので一部修正いたしました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事