新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月18日 21時25分 UPDATE

まーご、安らかに……テレ東ニュース番組の看板猫、献花台に450人以上訪れる

「田勢康弘の週刊ニュース新書」の看板猫だったまーご。たくさんの人々が追悼に訪れていました。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 テレビ東京のニュース番組「田勢康弘の週刊ニュース新書」(テレビ東京系列 毎週土曜午前11時30分〜12時5分)に出演していた猫の「まーご」。スタジオ内を歩き回ったり、ゲストになでてもらったりと、その愛くるしい姿がネット上でも話題になっていました。しかし、そんなまーごが10月10日、急性心不全のため、8歳で亡くなりました。18日にまーごの献花台が設置されるとのことで、筆者も追悼に行ってきました。

ah_mago1.JPG テレビ東京に向かう途中には、まーごのために急きょ、花を販売しているコンビニが

 献花台が置かれたのは、テレビ東京の本社1階7スタ。まーごの大きな写真と、生前のまーごの映像が流れていました。既に、お花がたくさん供えられています。献花にきた方々は、涙ぐみつつまーごの写真に向かって手を合わせています。名残惜しそうにスタジオから離れられないでいる方もいました。みなさん、年齢も性別もさまざまで、まーごが幅広い年齢層から愛されていたことが伝わってきました。

ah_mago2.JPG
ah_mago3.JPG
ah_mago4.JPGah_mago5.JPG

 番組で、多くの政治家と共演してきたまーご。政治家の中で一番多く共演したという、石破茂大臣から「尊敬する まーご様」という宛名の弔電も届いていました。また、多くのお花に埋もれてしまって見えないのですが、森喜朗元首相からもお花が届いたとのこと。大物政治家たちも、みんなまーごに夢中になっていたようです。

ah_mago6.JPG

 この日、追悼に訪れたのは450人以上。参列者にはまーごのポストカードがプレゼントされました。

ah_mago7.JPG

 番組プロデューサーの小松澤恭子さんは「こんなに大勢の方に献花していただき、まーごも喜んでくれていることだと思います。本日の放送より、動くまーごはいなくなってしまったのですが、実はセットの中に、額に入ったまーごの写真が潜んでいます。良かったら探してみてください。まーごは動かない形ですが、これからも応援よろしくお願いいたします」と挨拶しました。

ah_mago8.JPG 献花台の前で挨拶を行う小松澤恭子プロデューサー

 また、番組のホストを務めるジャーナリストの田勢康弘さんと、番組進行役の繁田美貴アナウンサーにも、まーごとの思い出を語ってもらいました。

 「猫1匹死んだだけで、こんなに人が集まってくるなんて、テレビメディアの恐ろしさを感じましたね。まーごはすごい猫だった。あれは普通に飼われている猫じゃできないね。カメラを回した途端、決められたセットの中にいて、そこから出ないの。まーごの目を見ていると、全くウソをつかない目をしている。出演した政治家たちは、まーごのファンになってしまい、まーごに会いにスタジオにやって来る。ウソの多い政治の世界の人たちは、ウソをつかない目をしているまーごに魅かれたんでしょうね。そしてね、猫の方が上なんですよ。僕が街を歩いていても、『あっ! 猫のおじさんだ!』って言われるの(笑)」(田勢康弘さん)

 「まーごは放送の邪魔をしてこない猫でした。本当にいろいろ分かっている、気の利く猫なんです。でも、まーごがフリップの前に出てきてしまったときは焦りました。だけど、実は最初に一度出したフリップで、2回目は確認のために出したんです。まーご、フリップの前に出てきて、カメラの方を向いていて(笑)。きちんと分かっている猫なので、きっと一度出したフリップだと分かって、いたずら心でフリップの前に出てきちゃったんでしょうね。天国のまーごには『ありがとう。大好きだよ』と伝えたいです」(繁田美貴アナウンサー)

ah_mago9.jpg まーごとの思い出をしんみりと語る田勢さんと繁田アナウンサー

 真面目なニュース番組にほっとできる瞬間を与えてくれ、多くの人から愛されたまーご。番組放送中、ごろごろと寝転がってみんなを癒してくれていたように、天国でも思う存分のんびり過ごしてもらいたいです。

姫野ケイ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

  1. 踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
  2. 「いつ乗車禁止になるの? 私は2年半戦ってる」―― バスの通路をふさぐ“迷惑おばさん”動画が話題に バス会社の対応は
  3. 画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
  4. 完成度高けーなオイ! 実写版「銀魂」のビジュアルが解禁、銀髪の小栗旬に地味メガネな菅田将暉、チャイナ服の橋本環奈も
  5. 「ウチの猫の変な習性に気がついた」 手をニギニギすると頭をスポッとはめてくる猫ちゃんが圧倒的にかわいい
  6. 「君の名は。」を酷評した漫画家・江川達也が炎上 同業の奥浩哉が「この人、なんのプロなんだろう…」と批判
  7. 12月でも黒ビキニ! ローラ、パーフェクトなボディラインでファンを魅了「憧れるスタイル!」
  8. 声優・小倉唯がわんこそばをモグモグするだけの動画に大反響 「永遠に見てられる」「かわゆい〜」
  9. 富士急ハイランドのジェットコースターをVRで再現した「ほぼドドンパ」爆誕 営業休止中の初代「ドドンパ」を疑似体験
  10. 「君の名は。」風写真加工ができる人気アプリ「Everfilter」が著作権問題で謝罪

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー