ニュース
» 2014年10月22日 06時00分 UPDATE

ツルツルする教科書の紙にも濃く書けるシャープ替芯、三菱鉛筆が発売

学生さんにうれしい替芯。

[ねとらぼ]

 三菱鉛筆は11月14日、教科書のようなツルツルする紙にも濃くはっきり書けるシャープ替芯「ユニ ナノダイヤ 教科書対応芯」(税別200円)を発売する。

ah_shin1.jpg

 現在、国内の教科書の多くはカラー印刷で、インクのりやカラー印刷の着色効果を高めるために、表面に塗工が施された紙が使われている。このような紙は表面が低摩擦でつるつるとしており、シャープ芯では文字が薄くしか書けず、キュッキュと滑るような書き味になるといった不満が上がっている。

 「ユニ ナノダイヤ 教科書対応芯」はこれを受けて開発された。シャープ芯は、紙面との摩擦で芯が摩耗することで筆記できるため、小さな摩擦で摩耗しやすい芯構造を設計した。また芯に特殊オイルを配合して摩擦の小さな紙でも定着しやすいようにしている。これにより従来品よりも約60%濃く字が書けるという。ノートなど普通紙に書くときは従来通りの濃さで書けるので、1本でノート取りも教科書の書き込みもできる。

aH_shin2.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう