ニュース
» 2014年10月22日 17時38分 UPDATE

「噛む」ことに特化したウェアラブルデバイス、ロッテから登場

かむかむかむかむ。

[太田智美,ねとらぼ]

 ロッテは10月21日、「噛む」ことに特化したウェアラブルデバイス「RHYTHMI-KAMU(リズミカム)」を発表した。


画像 噛むと光るイヤホン

 リズミカムは、イヤホン型デバイスを耳に装着することで咀嚼(そしゃく)運動を計測。さらにアプリと連動することでデータを保存・可視化し、日々の咀嚼活動を振り返ることができる。

 また、リズミカムには音楽を再生する機能も搭載。素早く2回噛むと音楽が再生され、再び素早く2回噛むと音楽を停止できる。なるほど遠隔操作も可能なデバイスだったとは!!

 開発には、広島市立大学大学院 情報科学研究科システム工学専攻講師の谷口和弘さんや、東京歯科大学 スポーツ歯学研究室 主任教授の石上惠一さんをはじめとする専門家も協力しているとのこと。

 なお、今回発表されたイヤホン型デバイスはプロトタイプで、今後は大学などと連携して研究活動などに利用される予定。商品化については未定だが、視野に入れて検討していきたいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう