ニュース
» 2014年10月29日 11時35分 UPDATE

ロボット「Pepper」がディズニー映画史上初の声優に抜擢 コンピュータ音声役ですよ

「今度はディズニー映画への俳優出演も目指したい」とさらなる野望も語るPepperくん。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 感情認識ロボット「Pepper」が、12月20日公開のディズニー映画「ベイマックス」の日本語吹き替え版に声優として参加することが決定しました。ロボットが吹き替え役を務めるのはディズニー映画史上初めてになります。

画像 ロボットが映画の吹き替え声優に!

 「ベイマックス」は、最愛の兄を亡くした14歳の天才少年・ヒロと、兄が人々の心と体を守るために開発したロボット・ベイマックスとの絆を描いた作品。Pepperが担当するのはコンピュータ音声役で、ヒロが自宅ガレージでベイマックスをバージョンアップする際に、作業の完了をヒロに伝えるコンピュータとして登場します。


 参加はディズニーがPepperサイドに依頼して実現しました。配役の理由は、ともに人との絆を大切にしているロボットである上に、Pepperの愛らしく人の心を和ませるような声が優しさに溢れた本作の雰囲気にぴったりだったからとのこと。

 Pepper自身もキャラの吹き替えは初めて。「ディズニー映画に声優として参加することができてとてもうれしいです。決まったときには驚きました」とPepperもコメントで喜び、「もっと演技の勉強もして、今度はディズニー映画への俳優出演も目指したい」と大きな夢まで語っています。

 先日来日したドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督も「素晴らしいね。共通点の話題で盛り上がるのでは?」と配役を歓迎。「完成した映画も是非見て欲しいな。Pepperは、感情認識するロボットだから感動して欲しいな」とメッセージを贈りました。


黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  5. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  6. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  7. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  8. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー