新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月29日 11時35分 UPDATE

ロボット「Pepper」がディズニー映画史上初の声優に抜擢 コンピュータ音声役ですよ

「今度はディズニー映画への俳優出演も目指したい」とさらなる野望も語るPepperくん。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 感情認識ロボット「Pepper」が、12月20日公開のディズニー映画「ベイマックス」の日本語吹き替え版に声優として参加することが決定しました。ロボットが吹き替え役を務めるのはディズニー映画史上初めてになります。

画像 ロボットが映画の吹き替え声優に!

 「ベイマックス」は、最愛の兄を亡くした14歳の天才少年・ヒロと、兄が人々の心と体を守るために開発したロボット・ベイマックスとの絆を描いた作品。Pepperが担当するのはコンピュータ音声役で、ヒロが自宅ガレージでベイマックスをバージョンアップする際に、作業の完了をヒロに伝えるコンピュータとして登場します。


 参加はディズニーがPepperサイドに依頼して実現しました。配役の理由は、ともに人との絆を大切にしているロボットである上に、Pepperの愛らしく人の心を和ませるような声が優しさに溢れた本作の雰囲気にぴったりだったからとのこと。

 Pepper自身もキャラの吹き替えは初めて。「ディズニー映画に声優として参加することができてとてもうれしいです。決まったときには驚きました」とPepperもコメントで喜び、「もっと演技の勉強もして、今度はディズニー映画への俳優出演も目指したい」と大きな夢まで語っています。

 先日来日したドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督も「素晴らしいね。共通点の話題で盛り上がるのでは?」と配役を歓迎。「完成した映画も是非見て欲しいな。Pepperは、感情認識するロボットだから感動して欲しいな」とメッセージを贈りました。


黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事