新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月29日 22時30分 UPDATE

ねとめし:蜜のような甘さとねっとり感! 土鍋で作る絶品「黄金」焼き芋が感動的なおいしさだった

もう石焼き芋屋さんを追いかけなくていい!

[池田園子,ねとらぼ]

画像 この色! この輝き! これが自宅で作れるんです

 秋といえば、焼き芋が美味しい季節。「石焼き芋〜お芋〜」と街を軽トラックで走る、石焼き芋屋さんから漂うおいしそうな香りに心奪われ、ついつい買いそうになってしまう今日このごろ。

 ただ、昔買ったときは意外と高く、2本で500円くらいした記憶が……(編注:たぶんもうちょっと高いです)。スーパーでさつま芋は1本100円程度で売られているので、自分で作ったほうが明らかにおトクだと思ってしまう。

 毎年そんな考えに到るケチな筆者は、結果的に自宅で焼き芋を作るわけだが、何らかの本またはテレビ番組で見た、「新聞紙でサツマイモを包んでレンジでチン」方式を採用してきた。レンジで5〜8分ほどチンするだけで作れるので、簡単といえば簡単。でも正直、あまりねっとり感がなく、むしろパサパサしてしまうので、出来栄えに不満を感じていた。

 時間をかけてもよいので、もうすこし美味しくできないものか。そして欲を言えば、家にある道具だけで簡単にねっとり感を出せるのが理想。さらに付け加えるなら、後片付けが面倒なのもご免こうむりたい。そんな要望を掲げながら、ネット上でレシピを探すことに。

 するとマイナビニュースの記事「土鍋でつくる『焼き芋』、ねっとり甘くて絶品!」がヒット。レシピブログ「四万十住人の簡単料理ブログ!」を運営する「みやちゃん」さんが紹介する同レシピは、とても分かりやすく簡単なので、さっそくこれにならって作ってみることにした。




アルミホイルに包んで土鍋で焼くだけ

 用意する食材はさつま芋、以上! 準備するものは土鍋(空焚きしても大丈夫な材質のもの)とアルミホイル。非常にシンプルな工程が想像できる。

 まず、さつま芋を軽く水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取った後、アルミホイルでしっかり包む。さつま芋がすっぽり隠れるよう丁寧に、丁寧に……。


画像 必要なのはさつま芋とアルミホイル、あと土鍋だけ

画像 アルミホイルでさつま芋を包む

 ちなみにこの「アルミホイルで包み込む」方法のほかに、「土鍋内にアルミホイルを数枚敷き、その上にさつま芋をのせて加熱する」方法もあるという。

 記事内でみやちゃんさんは「アルミホイルで包んだほうが黄色の色合いが強くなり、ねっとりとした舌触りになります」(同記事から引用)と補足している。

 できるだけねっとりした仕上がりにしたいので、今回はアルミホイルで包み込む方法を採用したい。そこで、アルミホイルに包んださつま芋を土鍋に入れ、フタをしてとろ火で焼き始める。土鍋の性質上、決して強火にしないようご注意を。あくまでも一番弱い火加減で焼こう。


画像 土鍋に並べて入れる

画像 あとはフタをしてとろ火でじっくり焼いていく


ねっとり、ホクホク、密のような甘さ……3つの感動がここに

 1時間20分程度で焼き上がるそうなので、アラームが1時間20分後に鳴るようセットする。それと同時にタイマーが20分後に鳴るようセット。というのも、さつま芋を途中で何回かひっくり返しながら全体をまんべんなく焼く必要があるためだ。


画像 20分おきにひっくり返してあげよう

 タイマーが鳴る20分おきにキッチンに行っては、土鍋のフタをあけてさつま芋を菜箸でひっくり返す。そのたびに「これは確実に美味しいだろう」と確信を持てる「良焼き芋」な匂いが立ちのぼり、思わず幸せな気持ちになった。

 この香ばしく甘い匂いは、これまで筆者が続けてきた電子レンジ調理では、決して発生することはなかった。かなり本格派な匂いなのだ。

 さて、1時間20分の経過を告げるアラームが鳴ったので、ふたたびキッチンへ向かう。竹串(なかったのでつまようじで代用)をさつま芋に刺し、スッと通れば完成! 気持ちいいくらいスムーズに貫通したので、早速いただくことにしよう。


画像 竹串がスッと通ればできあがり!

 アルミホイルをめくっていくと、ほどよく焦げた跡を発見。ドキドキしながらさつま芋をふたつに割ると、目が覚めるような黄金色の断面にクラクラする。これはおいしそう!


画像 こんなの絶対おいしいよ

画像 見よ、この美しい黄金色を!

 食べてみると、ねっとり感とホクホク感、さらには長時間ゆっくり火を通したからこそ出る、こっくりした蜜のような甘みが口の中に広がる。自宅で作ったとは思えないような、見事な焼き芋になっていたのだった。

 土鍋さえあれば簡単に作れる本格派焼き芋。1時間20分程度と時間はかかるが、簡単なのでぜひ試してみてはいかがだろうか。


画像 この感動、誰かにおすそわけしたい



「ねとめし」過去記事一覧




池田園子


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事