新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年10月30日 13時16分 UPDATE

「グジャグジャーッ! これ建てといて!」ルイ・ヴィトン美術館のラフスケッチがラフすぎると話題に

芸術ってすごい。

[たろちん,ねとらぼ]

 高級ファッションブランドのルイ・ヴィトンがパリに美術館「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」をオープン。世界的建築家フランク・ゲーリーさんがデザインしたラフスケッチも公開されたのですが、それが「ラフすぎる」と話題になっています。

画像 グジャグジャーッ

 鉛筆でグジャグジャーッと書き殴っただけにしか見えない豪快なスケッチ。言われなければ建物かどうかすら分からないその衝撃的なデザインに、ネット上では「どう見ても落書き」「うちの子も似たようなの描いてる」といった感想が。確かに曲線だらけで形もいびつなこのスケッチから建物ができるとは思えないです。

画像 建ったよ!

 ところが完成した美術館は限りなくスケッチに近いもの。1枚1枚すべて異なる1万9000枚の繊維入りセメント「ダクタル板」と3600枚のガラスにミリ単位で曲線を描く技術を使って実現させたそうで、ルイ・ヴィトンの独自性や革新性を表現しているとのこと。ゲーリーさんはいくつもの模型を作ることで複雑な動きのある建物のデザインを進めていったそうで、スケッチの段階からこの完成形を想定していたようです。芸術ってすごいですね……。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事