ニュース
» 2014年10月30日 17時24分 UPDATE

東京ディズニーランド・シーの開発構想発表 ファンタジーランド再開発に新しいテーマポート

拡張エリアや新テーマポートには複数の大型アトラクションを計画している。

[ねとらぼ]

 オリエンタルランドは10月30日、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの今後の開発構想を発表した。

ah_disney1.jpg

 ディズニーランドでは「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍に拡張する。現在のファンタジーランドの刷新に加え、拡張エリアに複数の大型アトラクションやレストラン、ショップなどの導入を検討している。東京ディズニーランド、東京ディズニーシーにおける追加投資額としては過去最大となる予定。

 ディズニーシーではロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、複数の大型アトラクションやレストラン、ショップなどで構成される新しいテーマポートの開発を検討している。

ah_disney2.jpg

 ほかにもアトラクション・エンターテイメントの新規導入やリニューアルなどハードの開発、レストランの充実や混雑感の緩和、暑さ・寒さ対策など快適な環境づくりも行っていく。例えば2015年3月1日からは、ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーに可動式の舞台などを導入し、ショーを鑑賞できるエリアが拡大する。

 同社は今後10年間でテーマパーク事業に5000億円レベルの投資を行うとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー