速報
» 2014年11月01日 00時23分 UPDATE

週刊少年ジャンプ、ジャンプSQなどで西尾維新さん祭スタート! 西尾さん原作の短編漫画9本を順次公開 1人で9本の原作を手がけただと……

第1弾は「めだかボックス」の暁月あきらさんが作画を努める「娘入り箱」。

[ねとらぼ]

 西尾維新さん原作による新作短編読み切り企画「大斬(おおぎり)」が、11月1日発売の週刊少年ジャンプ49号よりスタートします。週刊少年ジャンプのほか、ジャンプSQ、週刊ヤングジャンプ、別冊マーガレットも巻き込んだ4誌合同企画で、掲載作品の数はなんと合計で9本!


画像 特設ページもオープンしています

 「大斬」は、担当編集者が西尾さんにお題を出し、それらのお題からイメージを膨らませる形で西尾さんが9本のネームを執筆、それらを9人の異なる漫画家がそれぞれ漫画化する――というスペシャルプロジェクト。参加している漫画家には、「バクマン。」の小畑健さんや「聖☆おにいさん」の中村光さんといった名前も。第1弾となる週刊少年ジャンプ49号では、「めだかボックス」の暁月あきらさんが作画を努める「娘入り箱」が掲載されています。他の8作品については、今後の週刊少年ジャンプ、ジャンプSQ、週刊ヤングジャンプ、別冊マーガレットに順次掲載予定。

 ネットでは早売りでジャンプを手に入れた人が早くからTwitterなどで企画について言及。1人で9本のネームを手がけた西尾さんに対し、「すげええええええええ」といった声が挙がっていました。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう