ニュース
» 2014年11月04日 14時30分 UPDATE

集英社オレンジ文庫創刊、第1弾は『マリみて』の今野緒雪ら

受賞すれば文庫デビューが確約される「ノベル大賞」も開催する。

[宮澤諒,eBook USER]

 集英社が2015年1月20日に、新たな文庫レーベル「集英社オレンジ文庫」を創刊することが明らかとなった。

 特設サイトには、「ちょっとミステリー、ちょっとファンタジー、ちょっとロマンス、ちょっと読みたい極上のエンターテインメント、ここにあります」の言葉とともに第1弾のラインアップを紹介している。

 第1弾では、谷瑞恵さんの『異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵』、今野緒雪さんの『雨のティアラ』、椹野道流さんの『時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎』、白川紺子さんの『下鴨アンティーク アリスと紫式部』、梨沙さんの『鍵屋甘味処改』の5冊を刊行。

『異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵』(谷瑞恵) 『異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵』(谷瑞恵)
『雨のティアラ』(今野緒雪) 『雨のティアラ』(今野緒雪)

『時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎』(椹野道流) 『時をかける眼鏡 医学生と、王の死の謎』(椹野道流)
『下鴨アンティーク アリスと紫式部』(白川紺子) 『下鴨アンティーク アリスと紫式部』(白川紺子)
『鍵屋甘味処改』(梨沙) 『鍵屋甘味処改』(梨沙)


 そのほか、2月には要はるさんの『ある朝目覚めたらぼくは』ほか5冊、3月には村山早紀さんの『かなりや荘浪漫』ほか5冊の刊行も予定している。

 また、受賞者は文庫デビューが確約される「ノベル大賞」の開催も決定。選考委員は桑原水菜さん、三浦しをんさん、吉田玲子さんの3人で、大賞には楯と副賞として賞金300万円が贈られる(準優勝は楯と賞金100万円、佳作は楯と賞金50万円)。応募内容は、女性が楽しめるエンターテイメント作品であること。締め切りは2015年1月10日となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう