新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年11月07日 11時47分 UPDATE

ねとめし:めんつゆに半日浸け込むだけ! 超簡単に作れる煮卵レシピが完全に「ラーメン屋で食べる味」だった

煮卵といえばラーメン屋で食べるもの――そんな“常識”が覆る! めんつゆを使った簡単煮卵を作ってみた。

[池田園子,ねとらぼ]

画像 とても自宅で作ったとは思えないデキ!

 卵を買っても持て余してしまうのが常だ。「鍋料理の雑炊に使おう」「ホットケーキを作ろう」などと思い立つたびに、6個入りまたは10個入りのパックを買うのだが、賞味期限ギリギリになっても3〜4個残っていて困惑する。

 そんなおり、レシピブログ「コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」の記事「世界で1番美味しい煮卵の作り方」が話題になっていたのを発見した。なんと2200ブックマーク越え! これはウマいに違いない!

 煮卵なら単体でおいしく食べられるのはもちろん、ラーメンの具材にも使えるし、食卓に一品として並べれば、家族も「おっ! 煮卵だ!」と喜んでくれそうだ。今まで28年間一度も煮卵を作った経験はないし、この機会に挑戦してみることにした。


画像 参考にさせていただいた「世界で1番美味しい煮卵の作り方


「お湯からゆでる」のがポイント

 用意する食材は卵4個、めんつゆ150cc、以上! 準備するものは鍋とキッチンペーパーのみ。うれし涙が出るくらい簡単に作れるのだ。

 まず、鍋で沸騰させたお湯の中に卵を入れていく。普通のゆで卵は水からゆでるが、今回は「お湯からゆでる」よう注意してほしい。


画像 材料は卵とめんつゆだけ

画像 まずは沸騰したお湯で6分間ゆでる

 6分ほどゆでた後、お湯から卵を取り出し、氷水に3分ほど漬ける。「研究の結果、この数値なら誰が何度作っても確実に半熟卵になります」(ブログから引用)とあるため、この時間も厳守していただきたい。

 続いて、流水を当てながら卵の殻をむいていく。殻と白身との間に水が入り、膜が綺麗にはがれ、殻が気持ちいいくらいつるりとむける。今までゆで卵をむくのが下手だった筆者も、流水のおかげでキレイにむけて感動したほどだ。


画像 氷水で3分間冷やす

画像 流水を当てながら殻をむく


ほどよくドロッ……半熟加減&こっくり味がたまらん

 殻をむいた卵はタッパーなどの容器に入れ、まずはめんつゆを100ccだけかける。これで卵の大部分が漬かった状態になるが、さらにこの上にキッチンペーパーをかぶせ、残り50ccのめんつゆをかける。


画像 容器に卵を入れる

画像 まずはめんつゆ100ccを入れ……

画像 その上からキッチンペーパーをかぶせる

画像 さらにめんつゆ50ccを上からかけて、あとは冷蔵庫で半日おけば完成!

 「キッチンペーパーを使うことで、少量の麺つゆでしみ込むためめんつゆの節約になる上、より卵に味がしみこみやすくなります」(ブログから引用)とのこと。下準備はこれでおしまいで、あとは冷蔵庫に半日ほど入れて冷やせば完成!


画像 いい色ついてます!

 そして出来上がったのがこちら。表面が茶色く染まった煮卵は、確実にウマいであろう雰囲気を漂わせている。ドキドキしながら半分に切ると、ドロッとした半熟の黄身が登場。あぁ、これは絶対においしいやつだ。


画像 中もとろっとろ!

 口の中に入れると、半日漬け込んだせいか味がしっかり染みた、ラーメン屋で出されるような濃い煮卵そのものだった。こっくりした薫製のような味わいもある。とても自分で作ったとは思えない味だが、これは既成品のめんつゆと絶妙なゆで時間のおかげだろう。

 このレシピをマスターしたからには、もう卵を持て余したりなんてしない! 今日ここに決意したい。簡単すぎるのに激ウマな煮卵、皆さんも一度試してみてはいかがだろうか。


池田園子


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー