ニュース
» 2014年11月12日 06時00分 UPDATE

日本気象協会、10分単位で雨雲の状況分かる「豪雨レーダー」

60分後までの雨雲の状況を10分単位で確認できる。

[ねとらぼ]

 日本気象協会は11月12日正午から、天気情報サイト「tenki.jp」で、雨雲の状況を詳細に確認できる「豪雨レーダー」を公開する。

 局地的な豪雨を詳細に把握できる気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」を活用し、60分後までの雨雲の状況を10分単位で確認可能。地図の画面中心から同心円を描いて、雨雲までの距離を把握することもできる。

ah_gouu1.jpg 同心円を描くことができる
ah_gouu2.jpg 雨雲の濃淡を変えて地図を見やすくすることも可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう